Home > 雪止め 取り付け に関するページ一覧

雪止め 取り付け に関するページ一覧

雨どい修理16 +雪止め瓦設置+雨水タンク設置 

屋根形状 寄棟(よせむね)

この工事は住宅の雨どい全部を交換する工事です

雨どいは20年以上経過すると
ゆがみが出たり、つなぎ部分が劣化して水が漏れてきたりします。
また
めったに降らない大雪で許容以上の荷重がかかり
雨どい本体を支えている
金具が曲がってしまい、
それにより、雨水を流す勾配が悪くなり
排水まで流れず、水漏れの要因になります。
また、特にいわき市は 雪があまり降らないこともあり
雪止めが付いてない屋根が多く注意が必要です。
毎回、言ってますが、どんなに新しくても
大雪で破損したり、金具が曲がってしまうことはあります。
屋根に雪止めを取り付けて
備えることが大切です。
雨どい 工事前

雨どい 工事後↓

雨どい 工事前

雨どい 工事後↓

和瓦に雪止め瓦設置 工事前

和瓦に雪止め瓦設置 工事後 ↓

雨水タンク

こんな感じです

雨といメーカー パナソニック
アイアン丸とい120   色 しんちゃ
雨水タンク レインセラー150

雪止め取り付け(瓦に雪止め金具)

写真は平板瓦のふた山タイプ

平板瓦のふた山タイプに雪止め取り付け

雪止め取り付け(瓦に雪止め金具) 

○築25年ぐらいの平板瓦(へいばんかわら)屋根
お隣様敷地への落下防止でのご依頼

雪止めは瓦のタイプにより取り付け付ける部材(雪止め)も、変わってきます。
この瓦は少し浮かして、雪止めを入れ、中の瓦にひっかけて取り付けました
雪止めは普通より大きいタイプです


工事前

屋根形状 寄棟 (よせむね) 平板瓦用雪止め ジャンボタイプ 工事後


平板瓦用雪止め ジャンボタイプ 工事後  こんな感じです

雪止め取り付け(コロニアル)

○築20年ぐらいのコロニアルの屋根
大雪の対策とお隣様敷地への落下防止でのご依頼

後から付けるコロニアル用の雪止めは、重なりに差し込んで中の
コロニアル本体に引っ掛けるタイプになります。
>

屋根形状 寄棟 (よせむね) コロニアル用後付け雪止め


コロニアル用後付け雪止め こんな感じです

屋根から落ちる雪でお困りの方へ(雪止め)  

雪止め 2段雪止め 2段
先日の大雪で、雪止めの依頼が増えております。

いわき市は東北でも温暖な地域で

何年かに一度大雪が降るぐらいで、

「いわきは雪ふんねーがら、雪どめはいんねーべぇ」と

そんな感覚もあり、実際にも雪は少ないので

「雪止め(ユキドメ)」の設置は

あまり積極的で無いように感じます。

ただ、大雪になって屋根からの落雪で、

「あぶない」、「危険」と

はじめて気づかれる方も多くいらっしゃいます。

住宅が隣接していると、雪がお隣の敷地に落ちたり

車に落ちたり、ご近所に不快な思いをさせてしまいます。

なおさら、人に落ちたら大変危険です。

そうならないためにも、他人事ではなく

ご自宅まわりを一度見まわして

雪がどこに落ちているか、ご自身で確認が必要です。

また、雪止めは、雨といの保護にもなります。

異常気象が普通になりつつある気象ですから

備えは万全に。

屋根から落ちる雪でお困りの方 

21-2928 (有)古川瓦建材まで お問い合わせください

忘れた頃にやってくるもの(26年2月の大雪)

12月もあと数日となりました

今日は、いわき市も時折雪がちらつく寒い日になりました

雪といえば忘れもしない今年の2月の大雪で大変な目にあった方は多いかと思います

当店にも、大雪の翌日から、問い合わせがあり

「屋根に積もった雪が、隣におちて迷惑をかけてしまった」

「雨といが曲がっちゃった」・・・・等

雪に関する問い合わせがありました

いわき市はそんなに積もる地域ではないので

大雪の備えとしては手薄なのかもしれません

私も仕事上、雪止めのお話をさせていただくことがあります

屋根に上がると 勾配(傾斜または角度)や屋根周辺の状況がわかります。

屋根に葺かれている(使われている)材料によっても

表面がつるつるしているか、ざらざらしているかでも、雪の滑り具合は違います

それらを踏まえて、アドバイスしたり、相談を受けたりします。

ただ いまいちどんなモノなのかわからないお客様が多いので

写真でイメージをつかんでください。

 

 

和瓦(日本瓦)の雪止め

和瓦(日本瓦)の雪止め

 

 

和瓦(日本瓦)の雪止め

和瓦(日本瓦)の雪止め

 

 

平板瓦(ヘイバン瓦)平べったい瓦の雪止め金具

平板瓦(ヘイバン瓦)平べったい瓦の雪止め金具

 

他にも種類はありますが、こんな感じです。

 

Home > 雪止め 取り付け に関するページ一覧

メタ情報

Return to page top