Home > Tags > いわき屋根修理

いわき屋根修理

銅谷からステンレス谷工事&3段棟から耐震7寸丸棟工事

工事前 銅谷からステンレス谷工事&三段棟から耐震7寸丸棟工事

工事後 銅谷からステンレス谷工事&三段棟から耐震7寸丸棟工事

こんな感じです

銅製谷からステンレス製谷へ交換工事

銅からステンレス谷へ交換工事

銅 谷 工事前

カラーステンレス 谷 工事後

こんな感じです

 

陶器瓦から軽い瓦ルーガへ

和瓦(陶器瓦)からルーガ(メーカー ケイミュー)に葺き替えた 工事前、後の写真です。 読み→和瓦(わがわら)といいます。このほかに、和形(わがた)や、 J形(ジェーがた)など、いくつか呼び方があります


○築30年超の屋根、雨漏りはしていないが
部分的に直さなければいけない部分が出ていた。
また、ご主人がどうせ直すなら、
屋根も新しくしたいという
お気持ちもあり、その際、
なるべく軽い材料を使ってほしい
というご要望でした。
当店では要望に近い屋根材を数種類選び、
その材料がこの屋根に合うのか
仕上がり、納まりを考慮し、
何通りかの見積もりを提出、一緒に相談、
ご検討され、ルーガに決定する。
屋根形状 寄棟 (よせむね)  

葺き替え前

葺き替え後

こんな感じです 瓦メーカー (株)ケイミュー ルーガ雅 色 モダングレー

雨どい修理5 前 後 

 

 

屋根形状 切り妻(きりづま)

雨どい 工事前

雨どい 工事後   こんな感じです

雨といメーカーパナソニック
アイアン丸どい   色 新茶

雨どい(銅)アンコ―交換

30年超経過した銅のどい。アンコ―(集水する部分)が劣化、水漏れし、
部分交換依頼。

 

屋根形状 寄棟(よせむね)

工事前

工事後

こんな感じです

雨どいメーカー (株)タニタ
三味銅アンコ―

雨どい修理4(銅) 前 後

雨どい交換の
工事前 工事後の写真です

○大雪で雪に押されて北側の雨どいが歪んでしまった。

台所で仕事をしていて、別に気にならなかったポタポタと、雨といから漏れた

雨音が大きくなり、気になるとのこと。

瓦屋根には雪止めはついてないので、

許容を超える荷重がかかったのかもしれません。

銅ということで、近年酸性雨等で劣化が早くなっており、

少しずつ手入れされているとのこと、ただ、職人さんが

引退され、頼むところを探していた。

工事は集水器の間でつなぎ、勾配に気を付け交換する

打ち込み金具も曲がってしまい、交換する。

また、といの保護のため雪止め瓦も取り付ける。

☆といの役目は 屋根の雨水を滞りなく地面の排水へ流すことなんです。

 

 

屋根形状 寄棟

雨どい工事前

雨どい 工事前

雨どい工事後
雨どい 工事後

違う角度から↓
雨どい工事後 と 雪止め瓦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近の気象はよくわかりません。
温暖ないわき市でも
まさかのドカ雪に備えた雪止めは大事なんです。

雨といメーカー
タニタ 銅 雨どい

セメント瓦から軽い瓦ルーガへ

和瓦(セメント瓦)からルーガ(メーカー ケイミュー)に葺き替えた 工事前、後の写真です。 読み→和瓦(わがわら)といいます。このほかに、和形(わがた)や、 J形(ジェーがた)など、いくつか呼び方があります


○築40年超の屋根、手入れの時期にきていた。葺き替えするにあたって、
ご主人が最優先したい、ゼッタイに譲れない事が二つありました。
一つ目は、「屋根を軽くしたい」=軽い屋根材を使いたい。
二つ目に、「赤系の色にしたい」=既存の瓦とは全く違う色でイメージチェンジ。
それらを踏まえ、この屋根に適している事、建物の環境に一番ベストな屋根材をプロの視点でお勧めした。
気になる予算面では、比較すると三州瓦より高くなりますが、魅力は瓦と同じぐらいの厚みで、重さ半分ということでしょうか。
厚みがあるという事は、瓦が重なったときに空気の層ができるという事であり、屋根材の中でも、瓦にしかない利点でもあります。材料以外にもう一つ重要なことは、ご自身の屋根を的確に見立て、いろんな視点から相談に乗ってくれる工事店を選ぶことも大事なことです。

PS 職人の私が現場で感じたことですが、
葺いた感じ、仕上がり具合(高級感)、施工マニュアルを徹底させる仕組み等、 ルーガを開発したメーカーの熱い思い伝わってきました。
今後軽い瓦という分野での代表格、横綱になっていくのではないでしょうか。

屋根形状 切妻 (きりづま) 葺き替え工事前葺き替え前 セメント瓦屋根葺き替え後 ルーガ セメント瓦からルーガに葺き替えルーガ正面から↓  ルーガ 正面から こんな感じです 瓦メーカー (株)ケイミュー ルーガ雅 色 モダンオレンジ

雨どい工事2 前 後

雨どい交換の
工事前 工事後の写真です

○30年以上経過している雨どい

水の流れが悪く、地面の排水に流れる前に

もれていた。屋根のゆがみもあったので

水の流れをよくするため、きっちり勾配を取り

金具を取り付ける。

◆ 雨といの交換のタイミングは通常約20年ぐらいです

ただし、大雪や台風のあたりが多い地域は当然短くなります。

 

屋根形状 入母屋(入母屋)

雨どい工事前

雨どい工事後

こんな感じです

雨どいメーカー
パナソニック 丸どい 色 新茶

Home > Tags > いわき屋根修理

メタ情報

Return to page top