Home > Tags > いわき市 屋根修理

いわき市 屋根修理

セメント瓦から平板瓦に葺き替えすると

屋根形状 寄棟 (よせむね) 葺き替え工事前

 
葺き替え工事後

  
こんな感じです
瓦メーカー 新東(株) 平板瓦 F3 色 メタリック

瓦からガルバリウム立葺き 前 後

屋根形状 寄棟(よせむね)

強風で古くなったトタンがはがれてしまい、雨もりしていた。
また、瓦屋根の部分とトタン屋根が2段になっている部分があり
そこからも雨もりしていた。

お客様の要望は
◎雨もりしないよう直したい事と
◎屋根を軽くしたいとのこと。
それを踏まえて、屋根を調査し、
一番ベストなガルバリウム立ふきを提案する。

葺き替え 工事前

瓦からガルバリウム たて葺き 工事前

 

 

葺き替え 工事後

瓦からガルバリウム たて葺き 工事後

  

葺き替え 工事後

別角度から 瓦からガルバリウム たて葺き 工事後 

こんな感じです

ガルバリウム(GL)

たて葺き

色 黒(つや消し)

補足→等間隔についている羽根状の部品は雪止め金具と言います。

これは雪落下防止の役割があります。

銅製谷からステンレス製谷へ交換工事

銅からステンレス谷へ交換工事

銅 谷 工事前

カラーステンレス 谷 工事後

こんな感じです

 

平板瓦に葺き替えすると  切妻(きりづま)

スレート瓦(セメント瓦)から平板瓦(三州瓦)に葺き替えた 工事前 工事後の写真です 読み→平板瓦(ヘイバンがわら)といいます。ほかに、F形(エフがた)など、呼び方があります


屋根形状 切妻 (きりづま) 葺き替え工事前

葺き替え工事後

  

こんな感じです
瓦メーカー 新東(株) 平板瓦 F3 色 メタリック

棟(むね、ぐし)の修理   例 工事前→工事後 (その2)

工事前    屋根形状⇒切妻(きりずま)

写真の真ん中、鬼の付いた部分が 棟(むね)です。 ぐしとも呼ばれています

この棟を当店の耐震7寸丸棟で工事すると↓

工事後    屋根形状⇒切妻(きりずま)


こんな感じです

補足説明
この棟に変えた場合の長所は
○軽くなる 理由⇒工事前よりも棟に使う瓦の数量が減ると同時に使われる
モルタルや屋根土の量も少なくなるからです。
○地震、風に強い 理由⇓

棟木に金物を打ち込み、金物に防腐タルキをビス固定して

その上に乗せる丸瓦をステンレスビスで留めるために
骨組み(棟木)と一体になるから強いんです。

工事完了後はこんな感じです

雨どい修理1 前 後 

雨どい工事の
工事前 工事後の写真です

○20年以上経過している雨どい
自然劣化もあり弱っているといに、
大雪の追い討ちでダメージをうける
といは雨とい本体と金具で構成されているために
金具の勾配が狂うと水の流れが悪くなる。
また、とい本体が割れたり、何かつまったり、
外れたりしていると、雨水も正常には流れず
水もれの原因になる。

◆ 雨どの交換のタイミングは通常約20年経過ぐらいです
ただし、大雪や台風のあたりが多い地域は当然短くなります。

 

屋根形状 切り妻(きりづま)

雨どい工事前

雨どい工事後

こんな感じです

雨どいメーカー
パナソニック 丸どい 色 新茶

Home > Tags > いわき市 屋根修理

メタ情報

Return to page top