親友の瓦屋根を葺いて・・・7(最終回) 

前回の続き

現場に入ってから約2週間、親友の瓦屋根が完成しました。

親友の瓦屋根を葺いて感じたことは
私が屋根で瓦を葺いている行為は
どこの現場でも同じです
決められた仕様通りに
当たり前にベストを尽くすのも
どの現場でも同じです。

そしたら なにが違うのかというと

屋根から見える庭先の景色が
小さい頃親友とケンカしたり
暗くなるまで遊んだり
いたずらしたり
あの頃の思い出が浮かんでくる
景色なんです。

小学生の自分が 
まさか30年後の今
親友の瓦屋根を葺いてるとは
思いもしなかったし
親友との絆がなければ
なかった事であり
自分の職業を通じて
仕事ができ
感謝とうれしさを感じながら
思い出が浮かんでくる
庭先の景色を横目に
心の中で照れながら
親友の瓦屋根を葺きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です