自分のこと13 東京マラソン2015  違いと反省

今回 三回目となるフルマラソンを
走って、今までと違い私が感じたことは

やっぱり 日々のトレーニングは必要で
最低、レース3か月前ぐらいから、
月100キロ以上は走らないと・・・
もちろん4時間切りのペースで。
これも当たり前の当たり前で
42.195キロ
走る競技なので
単純に練習で距離を踏む
走り込みは必要。

わかってはいるものの、トレーニング時間の制限があるので
うまく時間をやりくりして、とにかくたのしく走ること。

◎ひざ痛がなかった
あんなにひざ痛に悩んでいたのに最後まで痛くならず走れた
これは、私もうれしくて、目標は達成できなかったけど
この部分ではトレーニングの時に
着地面の意識や足の運びをなるべくまっすぐすることを

意識してトレーニングしていたので

ひざに負担なく走れたことと

足の筋力がついたのかもしれません
太ももは筋肉で太くなりました。

◎前回の走り方は前半から飛ばして
後半失速にくらべると
今回、断然楽でスタミナも残っていたので
あとは、自分にあったトレーニング
で4時間切りを目指します

◎走るのが楽しいと心から感じられるようになった
理由としては、ひざ痛がほんとに無くなったこと
ただし、フォームが崩れたり、足動作の意識が
無くなったらまた、同じことなので
これは体に染み込ませて、
楽しく続けます。

参考になるかわかりませんが
4時間切りを目指す方
自分にあった練習で
楽しく目標達成しましょう

ps
今回またフルマラソン走ることが
できました
これも家族の協力がなければ
出来ません
感謝しています
ありがとう

家族へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。