Home > 自分のこと に関するページ一覧

自分のこと に関するページ一覧

自分のこと17 かもしれない・・・

私の使っているPCすべて
ウィンドウズ7からウィンドウズ10にアップグレードしました。
今のところトラブルはありません。
変わってしまった部分の操作は慣れですよね・・・

最近 ウインドウズ10に アップグレードするようにと
頻繁にお知らせが入ってきますが
面倒だし、慣れるまでの操作を考えると躊躇します。

できればやりたくないし、このままW7を使い続けたいのですが
XPの時のように変えざるを得ないタイミングがくるので
あんまりやりたくないけど、今なら無償ということもあり
後でバタバタするのも大変なので
Windows 10 に変えることにしました。

とは言うものの、仕事で使うソフトも入っているので
まず、万一トラブっても大丈夫なPCの方で試すことにしました。

それでも心配は心配ですので、確認のためソフト関係の
問い合わせをしました。

私自身、PCはある程度使えるほうだとは思いますが
例えば、プロパティを開いてその先の、先ぐらいまで行くと
もうわけわからなくなり、あきらめます。
何をしたいのかにもよると思いますが、
結果が分からないままの操作なので
行き当たりの「これかなぁー的な」設定変更で
それがうまくいったとしても、どこの変更が正しいのか
どの部分はそのままでよかったのか、わからずじまい・・・

まあ、PCはいじってなんぼの部分も結構あるので
そのおかげで、まあまあ使えるようになったのも確かです。

話を戻しますが、私が問い合わせで聞いたのは

私「ちょっと心配なので聞きたいんですが、w10にアップグレードしたら
今のソフト使えますか?」

問い合わせ先の方「んーーー使える方もいますが、使えない方もいます。」

私「えっなんですかそれ?」

問い合わせ先の方「お客様によってPCの環境が違いますので、その辺ははっきり申し上げられません。」

私「あっでも、使える方もいらしたんですよね?」

問い合わせ先の方「はい。問題なく使われている方もいらっしゃいます」

私「ウインドウズ7でも?」

問い合わせ先の方「はい。ウインドウズ7です」

私「使える方と使えない方は、何がちがうんですか?」

問い合わせ先の方「んーー申し訳ございませんが、お客様によってPCの環境が違いますので・・・・・」

私「そっかぁーーー困ったなぁーー」

問い合わせ先の方「w10対応も出しておりますので、そちらをお買い上げいただければ、使えますよ。」

私「でもまだ買って数年だし・・・、どうしようかなぁ・・でも使えた方もいるってことは、私のも使えるかもしれないよねぇ?」

問い合わせ先の方「そうですね。でも万一使えない場合はまた、前に戻すか、対応のものをお買い上げいただくようになります。」

私「ちょっと考えてみますね。」

問い合わせ先の方「アップグレードする場合は万一の為にバックアップは取っておいてください。元に戻せますから。」

私「そうだよね、ありがとうございます。」

使えるかもしれませんが
使えないかもしれません

つながるかもしれませんが
つながらないかもしれません

合うかもしれませんが
合わないかもしれません

これらの共通点は

結局やってみなけりゃわからないということかな・・・

結果はわからないけど、やってみて使えたらOKで
それでもリスクはゼロではないので
結果に確信が持てない操作は
やはり
自己責任であるこことを肝に銘じて。

PS
そういえば
自動車教習所で教えられた
かもしれない運転。
この場合のかもしれないは
万一の危険をつねに予知して
運転しなさいと言うことでした。

私の家でも
幼いこどもらとの生活は

かもしれないの
連続かもしれません

自分のこと16  東京マラソン2016 

東京マラソン 2016

東京マラソン 新宿付近にて

また 走ってきました。東京マラソン!!
4回目です。

今回も、4時間切りを目標にした
私の走りですが
残念ながら、後半失速して
去年とさほど変わらず
4時間18分でした。

走りを思い返せば、
中間点過ぎて、銀座4丁目付近で
オリラジの藤森さんに抜かされ
「これは4時間切りのペースだな」と思い
負けてたまるかと少しだけ
追いかけましたが
ついていけず
だんだん見えなくなりました。
後で藤森さんの結果を見たら
初マラソンで4時間切りじゃないですか!!
しかも、沿道の応援にも手を振ってちゃんと応えていましたから
余力はあったのではないでしょうか。
「ホント素晴らしいです、おめでとうございます。」
やはり、4時間切るトレーニング積んでいたんでしょうね。

私も今回体重を落として走っては見たものの、
結果はあまり変化はなく
わかったのは体重だけ落としたところで
そんなに早く走れるわけではなく
4時間切りの戦略をもった、トレーニングを
しなければダメなんだなと痛感しました

話は変わりますが、沿道から
冷却スプレーとエアーサロンパス
貸していただき
本当にありがとうございました

いつも感じますが、応援もスゴイ

「ヤングマン♪」気分転換になってGOOD!!でした

PS
今回も
家族の協力で
走れました
休日は時間を使ってしまい
ごめんなさい
感謝してます

いつもありがとう

家族へ

 

自分のこと15 (インフルエンザ)

 先週後半から、インフルエンザにかかり
今週は前半までぐったりでした。
私の症状は40度の高熱が3日ぐらい続いて
のどがガサガサにあれ、声がつぶれ
せきが少々でした。
自慢じゃないですが私、今までインフルエンザはかかったことがなく
「自分は大丈夫だろう」と、あなどり
うがい手洗いは、普通にしていたものの
子供からの感染は防げず
たぶん、私だけではなく
集団生活している子供をもつ
家では家族にもかかってしまうのかなと。
これもしょうがないですよね

日頃の鍛錬で免疫を高めておかないと、いけないのかもしれません

といいながらも、今月末に開催される東京マラソン参加のために
私は軽い食事制限をして体重を落としていたので、免疫は下がっていたでしょう
そこに、インフルエンザです。さすがに体には応えました。
ただ
今はだいぶ体の具合もよくなり
トレーニング再開しております。

PS
体重を落としていた理由は
とにかく軽く走りたいということ
少しでも軽くなれば
足への負担も軽くなり
走りも軽くなる
そんな軽いイメージで
東京のまちを軽く走ってきます。

自分のこと14      (いわきにもあったんだ)

三崎公園 潮見台から

三崎公園 潮見台から

 

連休はカレンダー通りで
ゆっくり休養させていただきました。
ただ、私は休み前に鼻水が止まらず、のどもやられ
体温も38度ちょっとまで上がり
休み初日からお医者さんで点滴し
大事をとって家で安静にしておりました。
おかげさまで、元気になり
連休最終日に
三崎公園内にある
潮見台に初めて
行ってきました

私のストレートな感想です

「いわきにも
こんなイイとこあったんだ
潮風 気持ちいいーーーー!!」

太陽と潮風を体にあびて
眺め最高!!
気分爽快でした

また 来ます。

市内で
知らなかった方
観光でいわきに来られる方

ぜひ!!どうぞ!!

三崎公園 潮見台から

三崎公園 潮見台屋上から

海に突き出して見える突出しポイント先端から真下をみると
怖いです

潮見台 突出しポイント

潮見台 突出しポイント

 

潮見台 屋上で息子と

潮見台 屋上で息子と

PS
いわきにもあるんです
こんなイイとこ

ちょっと
うれしくて
ちょっと
反省
なんで今まで
知らなかったのか

いわきにも
あったんだ。

自分のこと13 東京マラソン2015  違いと反省

今回 三回目となるフルマラソンを
走って、今までと違い私が感じたことは

やっぱり 日々のトレーニングは必要で
最低、レース3か月前ぐらいから、
月100キロ以上は走らないと・・・
もちろん4時間切りのペースで。
これも当たり前の当たり前で
42.195キロ
走る競技なので
単純に練習で距離を踏む
走り込みは必要。

わかってはいるものの、トレーニング時間の制限があるので
うまく時間をやりくりして、とにかくたのしく走ること。

◎ひざ痛がなかった
あんなにひざ痛に悩んでいたのに最後まで痛くならず走れた
これは、私もうれしくて、目標は達成できなかったけど
この部分ではトレーニングの時に
着地面の意識や足の運びをなるべくまっすぐすることを

意識してトレーニングしていたので

ひざに負担なく走れたことと

足の筋力がついたのかもしれません
太ももは筋肉で太くなりました。

◎前回の走り方は前半から飛ばして
後半失速にくらべると
今回、断然楽でスタミナも残っていたので
あとは、自分にあったトレーニング
で4時間切りを目指します

◎走るのが楽しいと心から感じられるようになった
理由としては、ひざ痛がほんとに無くなったこと
ただし、フォームが崩れたり、足動作の意識が
無くなったらまた、同じことなので
これは体に染み込ませて、
楽しく続けます。

参考になるかわかりませんが
4時間切りを目指す方
自分にあった練習で
楽しく目標達成しましょう

ps
今回またフルマラソン走ることが
できました
これも家族の協力がなければ
出来ません
感謝しています
ありがとう

家族へ

自分のこと12  東京マラソン2015 振り返って

東京マラソン2015はイーブンペースで走る
この作戦で4時間切りを目指しました

道中は時計でどのくらいで走っているか(1kペース)確認しながら、
大事に大事に走りました。

大事に慎重に走ったのはいいのですが
4時間切りペースとはいかず
遅れたぶん
後半ギアチェンジしてスピードアップするつもりでしたが
そのまま大事に大事にたんたんと走ってしまいました

残りの5キロぐらいは
少し余裕があったのでスパートの
準備をしていましたが
30キロすぎぐらいから
右ふくらはぎがピクっピクっと
あしがつる
前兆を起こし始め
(つったらタイムどころではないんです)
ランニングパンツの
小さいポケットに
いれてある
妻からもらった息子二人の写真入りキーホルダー
をにぎって
「たのむ、父ちゃんに力貸してくれっ」
そんなことを願いながら

つらないようにつらないように
大事に大事に
ビックサイトまで
走りました・・・が
FINISHが見えるまえの直線で
とうとう、ビーンと足がつっぱり
つってしまい ふくらはぎを軽くのばして
あと200メートルですから
なんとか ゴールできるように

チョー変な走り方で
大事に大事に
走り切りました

今回 三度目のフルマラソンで
タイム的にもそんなに
前回と変わりはないのですが

今までと違い
体で感じたこと
気付いたことがあって
収穫もありましたので

次回それを報告したいと思います

次回に続く

自分のこと11  東京マラソン2015 


また走ってきました。東京マラソン!!
今回は4時間切りをめざして、走りましたが

結果は4時間19分で去年よりは5分短縮です。

だから 何なのっていわれそうですが、

自己ベストです。目標は残念ですがお預けです。

今回の私の作戦は
フィニッシュまでイーブンペース
これを頭に置きながら、走りました
というのも、去年2014も4時間切りを目指して
走りました。中間点ちょっと過ぎまで
かなりいいペースで行ってたのですが
30キロの浅草橋あたりで、
スタミナ切れ
急激な体のだるさ
足の痙攣が
かさなり
自分の中で攻めの走りをしたものの
体がついて行けず
自分の中で納得できない、
バテバテの結果に終わったからです

次回へつづく

自分のこと10 (3年目の東京)

いわきでは先日サンシャインマラソンが開催されました。
去年の大雪がありましたので、あいにく昼ごろ雨も降りましたが
無事開催され、携わった方々、本当におつかれさまでした。

私も今週、自分の中でのメインイベント
また、東京のど真ん中を走ってきます

今回は、落ち着いて、東京を走ることの楽しさを
味わいながら余計なことを考えずに楽しく走りたいと思います。

少し前から、息子と秘密のトレーニングをしてますので
3年目のマラソンどうなることやら・・・

ケガだけは、避けたいので、入念にストレッチをやって
楽しく走ってきます

PS
去年からセキュリティーチェックの関係で、
スタート前の荷物預け
大混雑してました。今年は早めに、荷物預けして
落ち着いてスタートしたいと思います。
走る方は、余裕をもって荷物預けしてください

自分のこと 9 (私と息子と鉄道)初めてのホーム

息子は電車大好きなんです

踏切まで、電車を見に行くことが多くなってきて
休日にはいわき駅の改札の外から
ガラス越しに電車を見に行ったりしていました
私もそろそろ近くで見るのもいいかなと思い
去年の春ごろだったか、
いわき駅の券売機のまえに
息子を連れて行き、
「切符がないと、電車には乗れないんだよと」
教えて、硬貨をいれ入場券のボタンを押させて
切符を持たせ
とうとう改札をぬけて
ホームに降りました。

今は、切符の代わりに、スイカ(カード)や携帯で
簡単に改札を通ることが普通なのでしょうが

小さい息子には券売機で買う
切符のほうが、夢があるような感じがするので・・・


電車大好きっ子 こんな感じです

PS
私の思い出ですが、改札というと、駅員さんが、枠に入って
切符専用のはさみなのか、リズムよくはさみの金属音をたてながら
切符に切り込みいれて、手渡された思い出があります
なつかしいですね。

補足です。
この前、駅員さんにスイカで入場できるか聞いたところ
スイカを使って券売機で入場券を買ってくださいと
案内されました。

自分のこと 8 (私と息子と鉄道)興味をもった踏切

DCIM0016 踏切
いつからなのか、まだ言葉もおぼつかない
3歳にになる息子が
電車大好きなんです
思い返せば、息子を乗せた車で移動中、
カンカンと鳴り、遮断機が下りた踏切で
目の前にガタンゴトンと電車が走っていく
タイミングの問題で
通るたびに遮断機が下りるわけではないですが
たびたび、それを繰り返しているうちに
興味が始まったのかと・・・
通常、遮断機が下りて停車になると
私は
「うわー待たされるーー最悪 早く行ってよー でんしゃー」
みたいな感じになります
私だけではなく、特別興味がない限り、
普通だと思いますが・・・

これとは逆に
息子の心境はおそらく
「やったぁーラッキー カンカン鳴ったぁー
赤いシグナル点滅してるー
矢印も点灯してるー

トラ模様の遮断機下りてきたぁー
最高ー
なに来んのかなぁー
特急?
普通かな?
あれっ来ないよー
どうしたのぉー
少し時間かかってるよぉー

わぁーーー

きたぁー

金太郎だぁーー やったぁーー」

たぶん心の中でこんな感じに・・・

解説します
ほとんどの場合、特急のスーパーひたち、普通電車が走り
時間帯によって走る回数の少ない貨物列車(金太郎)が
想定外に目の前を走ることもあり

踏切では電車を見ることもさることながら、

何が来るのかわからない楽しみ、おもしろさにつながっていて

より一層、息子が惹かれる要因になっているのかなと思います

ps  NHKの番組で
ここ数年、貨物列車の需要が伸びていると
やってました。需要があるといっても
簡単に本数を増やすことができないそうです
理由は線路を借りて走るために
旅客列車の走っていない限られた時間帯を
利用している為なのだそうです。

まだまだ 私と息子と鉄道の
ふれあいが
続きそうです。

Home > 自分のこと に関するページ一覧

メタ情報

Return to page top